心理情報3 嫉妬


■嫉妬深い人の特徴■
単純にネガティブな心理が強い人である。ネガティブな心理が他者に向けば束縛や干渉という形で出るが、自己否定が強い人(他者に向かず自虐性の強い人)は、そういう気持ちを出してはならないと考えるため、束縛や干渉をせずにひたすら自己嫌悪に陥る。ただし内心で感じている嫉妬心は、自覚/無自覚の差こそあれ、同じである。


▲参考:嫉妬のケアと放置▲
嫉妬を受けた場合でも、相手の言いなりになったり犠牲になる必要はなく、行動の自由を確保することが許される。しかし相手の不安な気持ちには配慮し、理解し、できるかぎりケアしなければならない。相手の気持ちを無視することは許されない。 

 

嫉妬は以外と根深いなと感じた。

束縛や干渉と同じエネルギーで、向かう先が他人か自分かと言う差なんだと実感。

前に書いた、自己重要感 と深そうな感じがする。

メタ認知5 メタ認知のまとめ

■まとめ■

ここまで、「メタ認知」という、目には見えないものの話ばかりで、分かりづらかったかもしれません。うまく伝えられたかどうか、わかりませんが…好きなアーティストやプロ選手を応援する意識は理解できると思います。素敵なレストランの店主。そのレストランの接客は気持ちが良いですね。いつ行っても最高のおもてなしをしてくれます。いわゆる「プロの生き方」です。仕事だからやっている人には裏表があります。だから、長続きが出来ないからストレスになるのです。プロは生き方なのですね。だから、疲れることも無い・・・

人間のプロを目指して、楽しくて面白い人生を生きたいと願うなら、是非「メタ認知を行って下さい。「メタ認知は、やればやるほど上達する」ということです。スポーツと同じで、ルールや論理が理解出来たら「実践」が大切です。科学も同じです、仮説を立てて、その仮説どおり実験をして、その結果を再検討して採用するのです。自分の審査している冷たい自分から、評価する暖かい自分へとシフトしていきましょう。
 

 ●感想●

そりゃ実践大事だよね〜。

この情報を読んでから、結構時間が経っていていつの間にか鏡の練習とかしなくなっていました。

もったいない。

 

また練習再開しようかな。

 

心理情報2 束縛・干渉

■束縛とは■
主に嫉妬心や、相手を自由にすることに対する何らかの不安や懸念、も
しくは相手を独占したい欲求から、相手の行動を心理的または物理的に
制限すること。

▲参考:束縛禁止の原則▲ 嫉妬心は抱いて良いが、原則として束縛してはならない。つまりネガティ ブな感情、不安を抱いても良いが、それによって強制力を用いて相手の 行動を制限してはならない。行動を制限したくなった場合は、気持ちや 願いを伝えて、相手の意思が変化するよう促すなどの手段を用いなけれ ばならない。

■干渉とは■
他者の自由意思を尊重せずに、自分の思い通りにすべく影響を与えよう
とすること。おせっかい、口出し、という形で実現されることが多い。
 

 

●感想●

はっはーん、前回の嫉妬心が束縛を作るのかあ。

しかも、参考例で

「嫉妬心」は抱いていいが「束縛」はダメだって。

ええー!嫉妬心は抱いていいの?! というか、抱かざるをえない感情なんだろうか?

でも、前回、自己肯定感が強い人は嫉妬心をほとんど抱かないって…。あ、ほとんどか。

感情は抱いていいけど、実行、行動に移すなよってことかな?

 

干渉はね〜

これは子育てあるあるなんじゃないかなあ〜

特に昔の人の子育てってこんな感じのイメージがあるけど、あくまでイメージ(笑)

 

そもそも、マナーを押しつけるのも干渉なきがする。

もっとうまくマナーを教えられるようになりたい。

心理情報1 嫉妬

「心理情報」では、嫉妬・束縛・寂しさ・孤独感・イライラ・モヤモヤについて深く触れて行きます。

 

■嫉妬とは■
自分より優れているように思える人や、自分より価値があるように思える人、自分より幸せそうに思える人に対し、羨ましいと感じて、ネガティブな感情を抱くこと。その心理。
通常の羨ましさや憧れならばネガティブにはならないが、他者の高い価値を実感することによって、自己否定の感情を抱くと、それが嫉妬心になる。自己肯定感が強く、自己否定のほとんどない人は、ほとんど嫉妬をしない。

▲参考:嫉妬の意味▲
嫉妬心はよく愛情と混同されるが、相手の存在を大きく(重要であると) 感じる点は同じである。しかし嫉妬は、相手の存在に比して自分の価値や愛されることへの不安、自分の存在が小さく感じられる不安が背景にあり、その不安が様々な言動に反映される。
例えば自分の彼女に対し、嫉妬心から「お前の男友達ってみんな馬鹿そうだよね」と貶めた場合、背景には、自分が男友達よりも価値が低いのではという不安や、男友達よりも自分のほうが彼女に愛されないのでは、彼女にとって小さい存在なのでは、という不安がある。

 

●感想●

参考例すごくわかりやすいー!!!

自己否定の感情と言われてわかったつもりになっていたが、参考例を見るとそんな発言が嫉妬心からきているとは思わなかった。

何でそんな言い方するのかなあ?

とか、そんな風におもたら、もしかしたら裏で嫉妬心から出ている発言かもしれないのか。

そして、自分もなぜあんな発言したのかと疑問に思う時は、いつの間にか嫉妬心を抱いているのかもしれない。

メタ認知4 メタ認知の波及効果

メタ認知
「感情をコントロールし、気楽に生きる秘訣」一部抜粋


メタ認知の波及効果■

メタ認知が上達すると…「生き方・考え方まで定まり変化が楽しくなってくる」という効用もあります。
「この『肉体と心』を使って、どんな人生をつくっていこうか?」と ”前向き” になれたり、
 人生でつまずいた時でも…「おれの人生、おもしろいよなぁ~」と ”客観的” になれたり、
「人のやることに、また口出ししようとしてるなぁ。やめとけ、やめとけ」と ”冷静な判断” ができたり、
ストレスが溜まったときでも…「疲れているみたいだから、風呂にゆっくり入ってリラックスしようか」と ”自分自身のメンテナンス” が上手くなったりするのです。
一言でいうと、「生き方が上手くなる」ということですね。
 「メタ認知」という、たった1つのことが出来るようになるだけで、その波及効果は計り知れないのです。

 

 生き方がうまいか〜

ふと、うまく生きている人よりも、不恰好の人の方が美談とされていたりするよね〜

なんて悪態が心から響いてきたり(笑)

 

でもでも、人に好かれようが、好かれまいが、生きることがうまい方がそりゃ行きやすいよね。

自分が人に好かれたい!って思っているなら好かれた方がいいけど、それは幸福感に比例するのか疑問だし。

 

なんだかんだいったけど、生き方うまくなりてえわ

自己重要感4(ラスト)

「自己重要感」一部抜粋


▼自分で自分を愛する▼
自分で自分を愛するのは、そんなに難しいことでしょうか?周囲を認めさせることより、自分で自分を認めることは、遥かに簡単なはずなのに、多くの人がそれができずに苦しんでいます。
自分を信じると書いて、「自信」となります。自分を信じるとは、確かさの感覚を意味しています。
「自己重要感」が高い人は、自信という、肯定的な思いや考えに対して、臨場感の強い確かさの感覚を持っています。それが「自己重要感」の持つエネルギーなのです。
「自己重要感」が高い人は、魅力的雰囲気を出力していますので、周囲からの「愛」も「尊敬」も「信頼」も得られやすいのです。 一方、「自己重要感」が低い人は、「自分の無力さ」を、他人から「愛されない」「尊敬されない」「信頼されない」理由として受け入れてしまいます。
自分自身が自分を「愛してない」「尊敬してない」「信頼してない」人をどうやって他人は、認めてくれるのでしょうか。人からの愛を期待する前に、自分を「愛し」「尊敬し」「信頼する」ことが先決です。
自分が自分の一番の理解者であることは、すべてにおいての前提なのです。自己重要感を高めるためには、まずは、簡単なこと、例えば「朝、決められた時間に起きる」「朝食を食べる」「お風呂に入る」という日常の行動から、「自分を褒める習慣を身につける」こと、それが「自己重要感」をアップさせるポイントです。

 

 あ〜

そうゆうことなのか。

自分を愛するとか読んだ時点で、はあ〜?愛ねえ。

という感じで斜め上から読んでいましたが、当たり前のことを行ってできたら褒めるということが、愛の一歩だという記述を読んで納得。

 

でも、子育て前だとこの文章も多分、当たり前のこと褒めてどうすんだよ。馬鹿みたいじゃん。って思っていたと思う。

子育てをしていると、当たり前だと言われていることがどれだけ苦労して習得しているのかわかる。

苦労というと語弊があるなあ。手間暇かかっているということかな。

 

周りの人にも感謝が出てくる。

自分が当たり前の行動(それこそ歩けるとか話せるとか)ができるようになったのは、育ててくれた人がいるから。

まあ、その人がどんなにクソであろうと、この当たり前のことをできるようにしてくれたわけだから。

※別に自分の親がクソだということではない。

 

メタ認知3 メタ認知のコツ

メタ認知
「感情をコントロールし、気楽に生きる秘訣」一部抜粋


メタ認知のコツ▼
メタ認知のコツ、それは…『心と魂は、別』と考える。

■「肉体と心」はワンセット。創造主からのレンタル品。 ■

そして ”魂:生命の核” こそが、本当の自分。
みなさんも、こんな経験がありますよね。
「先生から怒られている最中に、笑いが止まらなくなった」。
このときに、「笑っちゃいけない」と思っているのが「魂」で、「笑っている」のが「肉体と心」です。

ガンダムでいえば…
ガンダム本体」=「肉体と心」
「操縦士のアムロ」=「魂」

タモリさんでいえば…
森田一義」という魂が、「タモリというキャラクターを操っている。

イチローでいえば…
「鈴木一郎」という魂が、「イチローというスーパースターを操縦している。

だから、きっと、バッターボックスで、こんなセルフトークをしているはずです。
「さあ、いよいよお前の打席だ。イチローこの大きな声援が聞こえるか。お前はスーパースターだ。今こそ、本当の実力をみせてやれ!」

これがメタ認知です。このように “魂:生命の核” が本当の自分で、”肉体と心” は創造主からのレンタル品と考えるのが、メタ認知上達への近道です。

ちなみに、ぼくの場合は…それぞれに「名前」を付けています。
魂:生命の核 = 主。
肉体と心 = メンタリスト天外。
なので、今は「主」が、「メンタリスト天外」を使ってサマリーを書いている感覚です。 

 

●感想●

すごく、これ、わかりやす!!

特にガンダム

ある意味、RPGを行っている自分と画面の中の主人公って感覚だよね。

(ただ、物語はすでに決まっているけど)

 

人生は、自由度の高いRPGを体感している感じなのかな?

このブログを書いているのは、私であるけど、

実は、画面越しに私を操っている私がいる感じ?

 

面白い捉え方だねえ〜。