2017/7/1 課題を持って挑む

昨日は、ぎっくり腰に加えて精神的に不安定だったようで、被害者意識が同化し、気がつかないうちにかなり攻撃的になり、配偶者にきつく当たってしまった。

当たっている最中に、これはおかしいな?

と気がついたが、もう勢いが止まらなく、最後まで突っ走った。

しかし、最後まで突っ走る勇気もないため、怒りは物にあたるなどしていた。

 

自分を被害者にして相手を加害者にするこの行為は、幾度となく私がされてきたしそしてしたきた。そのため、この行為自体に嫌悪があるはずなのに、気がつくとやっている事がある。

完全に同化じゃん。

だが、今回はおかしいと気がつけた。

少し客観視できた。

さらに、信頼を置ける人に相談するつもりで、自分の心の中にある感謝を行った。

自分なんかが感謝したところで、安っぽい感謝なんて馬鹿にされるだけだと自分の心にブレーキをかけていたが、勢いで感謝してみたら、嘘のように被害者意識が抜けた。

 

なぜあんなに怒りがこみ上げて来たのかさえ、わからなくなった。

自分の心を押し殺していると、思わぬところにストレスがかかり、弱い方にストレスの吐け口を求めてしまっている。

完全に自分の一人相撲に配偶者を巻き込んでしまって申し訳なく思っている。

(きちんと面と向かって謝った)

 

私の課題は、なんだ?

ブレーキを見つける事。

そして、そのブレーキを理解し解放する事。かな?

理想とする母親像・妻像を目的に。

 

私は、結婚しても出産しても私だ。

妻・母はその「役」だと思っている。

手段は目的ではない事を確認しよう。なりがちだから。

 

まずは、自分の課題をしっかりと持とう。

・自分のブレーキを見つける

・ブレーキを解放する能力を身につける

・気がつかないブレーキをめいいっぱい踏んでいる時に気がつけるようになる能力を身につける